超技研 定例会(04/08)

超技研定例会 04月08日
こんにちは、超技研編集部です。

前回の記事から時間が経っておりますが、最近の超技研では、定例会だけでなく、日々の研究を活かして何かみなさまに面白いものをお見せできないかと、Maker Faire Tokyo2016に向けて議論を交わしています。内容については後日、お伝えしたいと思います。

話題に出た記事をまとめます。

(1)サムスンがVR用360度カメラを発表
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1602/22/news057.html
→99ドル且つ、動画を撮ってそのままPC介さずにGear VRで見れるのが革新的。

(2)IBMとアップル、プログラミング言語「Swift」をクラウド対応
http://www.publickey1.jp/blog/16/ibm_swift.html
→Swiftでサーバサイドのプログラムを書くためのフレームワークKituraも発表。

(3)Google のヒューマノイドロボ Atlas が超進化し実用域に
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1602/24/news075.html
→2足歩行ロボが現実に?TOYOTAが買おうとしてるとの噂。

(4)多過ぎるアプリ、取って代わる次のトレンドとは
http://m.jp.wsj.com/articles/SB10272610103318793334204581559452814488930?mobile=y
→プログレッシブ・ウェブ・アプリが気になる。

(5)360°動画のファイルサイズを80%縮小するFacebookの新技術「Dynamic Streaming」とは
http://shiropen.com/2016/02/27/13828
→Gear VRに採用されるとのこと

(6)サムスン、耳の前庭に電気信号を送信する事で平衡感覚に刺激を与えユーザーに動きを感知させるVR向け4Dヘッドフォン「Entrim 4D」を発表
http://shiropen.com/2016/03/14/14249
→VR酔い対策の最先端になるか。ぜひ体験したい。

(7)CODE HORIZON: 複数のロボットを操作して遊ぶ戦略ボードゲーム
http://codehorizon.io/jp/
→スマホとリアルガジェットとの融合を形に

(8)音声認識APIを公開などGoogle関係のニュースをいくつか
http://jp.techcrunch.com/2016/03/24/20160323google-opens-access-to-its-speech-recognition-api-going-head-to-head-with-nuance/
→Googleが業界最高の音声認識を提供してきたNuranceと直接競合するという記事です。また初期は完全無料APIを提供するということから、是非試してみたい。

http://www.publickey1.jp/blog/16/googlecloud_machine_learningtensorflowgcp_next_2016.html
→GoogleがCloud上で高速にディープラーニングを行えるCloud machine Leaningの発表を行いました。これにより、今まで1日掛かっていた作業が、数分、数十分で試せるようになるとの事。

http://www.publickey1.jp/blog/16/google_cloud_platform1.html
→クラウドベースの機械学習サービス。Amazon, Azure Microsoft,Googleなどの大手は、全部、この手のサービスを扱うようになりました。

(9)Unityが認定デベロッパー試験を開始
http://shiropen.com/2016/03/16/14326
→イベントにあわせて、日本でも試験が開催されるとの事。超技研からも誰か・・・でます!

(10)Gear VR上でGoogle Cardboardライブラリが利用できるAndroid端末向けアプリ「Cardboard Enabler for Gear VR」
http://shiropen.com/2016/03/28/14695
→通常、Gear VRでGoogle Cardboard用アプリを起動させることはできませんでした。(Gear VR Storeが起動するので)しかし、Google Playストアで購入できるアプリ「Cardboard Enabler for Gear VR」を使用することで、Gear VR上でCardboardライブラリをプレイすることが可能となります。

(11)Facebook、360度動画をVRでストリーミング再生時に効率的・高品質な描画技術を導入
http://shiropen.com/2016/03/28/14695
→(5)に関連します。基本的にはユーザの視界に入っているものを高出力に描画し、それ以外の画質をさげて、圧縮する形になるようです。

(12)顔を識別して接客内容を変えられるロボットアプリ「SynApps」、ヘッドウォータースが4月より提供開始
http://miraiseikatsu.net/2016/03/headwaters-synapps/
→認識精度が気になります

(13)Y Combinator デモデイ登壇 120 社を全部まるっとご紹介( Day1 前編)
http://jp.techcrunch.com/2016/03/30/20160322y-combinator-demo-day-winter-2016-2/?utm_content=buffer08c35&utm_medium=social&utm_source=facebook.com&utm_campaign=buffer
→シリコンバレーで随一のアクセラレーターとして知られるY Combinatorが年に2度行うデモデイに登壇したスタートアップのまとめ記事.非常に有用な記事です。
 
(14)ボッシュ、IoTサービス向けのクラウド『Bosch IoT Cloud』を発表
https://iotnews.jp/archives/14483
→IT業界ではなく、製造業企業のボッシュが発表した。どのように使用するかにについてはよく検討されたものになっていると思われる。

(15)VRと組み合わせた世界初のボードゲーム
http://www.inside-games.jp/article/2016/04/04/97525.html
→VR HMD装着者が、未装着者に指示をだし完成させるゲーム

(16)HoloLensエミュレータが公開
https://developer.microsoft.com/en-us/windows/holographic
https://buchizo.wordpress.com/2016/04/04/hololens-emulator-%E3%82%92%E8%A7%A6%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%82%8B/
→日本ではまだエミュレーターでしか触れないっ!!

(17)Java,C#,Swift,ObjC,HTML5 もテスト可能な Xamarin Test Cloud
https://www.xamarin.com/test-cloud
→去年サイバーエージェントがリモートで複数のAndroid端末を検証できるサービ スを出していましたが、こちらは Java,C#,Swift,ObjC,HTML5 をサポートとのこと。99$〜

(18)VRで家具のショールームを体験!?
http://app-review.jp/news/298448
→IKEA VR Experience HTC VIVEで体験可能。無料公開中。

また今回は、”議論ネタ”という新たなカテゴリを設けました。”議論ネタ”では、アイディアの種や、案件相談を頂いたネタを元に、超技研参加者全員で議論を行います。第1回目とあってどのようなうな流れになるか心配な部分もありましたが、大人数での議論は新しい発見や、通常とは違う角度での発想がでてくるもので、非常に盛り上がった時間になりました。

残念ながら案件相談につき詳細はお伝えできないのですが、今後も”議論ネタ”を
超技研定例会の目玉にしていくことが決定しました。

以上になります。

You may also like...